子育てを中心に考える
パートタイマーの看護師

大規模な病院などでは、看護師不足を防ぐために、常勤の看護師のほかに非常勤の看護師の求人広告を出すことが多いです。他にも、夜勤専従の看護師の求人などもあります。
非常勤の看護師はアルバイトやパートタイマー、派遣などがあります。
明確な定義はありませんが、派遣看護師は派遣の会社で雇用されている状態のまま、病院に派遣されている看護師、アルバイトは契約期間が比較的短期の看護師、パートタイマーは一日の勤務時間のうちの数時間勤務して、その時間帯の看護師不足を補う短時間労働の看護師のことを言います。
この中でも病院側が特に注目しているのはパートタイマーの看護師です。
常勤だった看護師が退職してしまったりと、常勤の看護師がほしい場合は別ですが、常勤はそこそこいるという場合にはパートタイマーで働いてくれる看護師は、病院にとっては非常に貴重な存在です。
病院内でも、忙しい時間帯と忙しくない時間帯というのがあると思います。
この忙しい時間帯は常勤だけでは手が足りないときもあるのです。
そんなときにパートタイマーの看護師がいてくれると病院にとっては非常に助かるのです。
病院側だけにいい条件が整っているわけではありません。
仕事を探している看護師にとってもパートタイマーの看護師は魅力があります。
給料は常勤に比べて勤務時間数が短いため少ないですが、自分の希望の時間帯で働くことが出来るため、子育てがひと段落したママさん看護師の職場復帰のステップにすることが出来ます。
出産や育児などでブランクのある看護師には、職場復帰は簡単ではないことですが、パートタームで時間を決めて仕事することで、空いた時間を有効に使ってブランク期間の勉強をすることも出来るし、時間を決めて働けることから生活リズムも立てやすいといった利点があります。
パートタイマーの看護師はブランクから職場復帰する看護師たちの足がかり的な役割を果たしているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です