子育てを中心に考える
看護師が働きやすい職場

女性なら誰もが一度あこがれるであろう看護師の仕事。
病気や怪我で心身が弱っている人をいろんな角度からサポートする、笑顔の素敵な看護師はいつの時代も女性が圧倒的に多い職種の一つです。
雇用する側にとっても、顔色や表情など、声に現れないような些細なところから相手の訴えを聞き取る能力やコミュニケーション能力に優れている女性は、力仕事が自慢の男性よりもほしいところです。
しかし、女性には人生の中で結婚や出産、育児などどうしても職場を離れなくてはいけない時期があります。
男性が対等に働いている職場などですと、女性はこういったブランクが発生することから、大切な仕事を任せてもらえないなどといった問題が発生し、産休や育児休暇を利用しながら退職してしまう人も多いようです。
看護師も出産や育児などをきっかけに退職してしまう人も多いです。
調べによれば日本国内に看護師の資格を持っていながら仕事についていない看護師が50万人以上いるというのです。
看護師不足が叫ばれている中、これではいつまでたって看護不足が解消できないと言うことから、いろんな病院で、そういった資格を持ちながらも仕事をしていない看護師を獲得するための機能を充実させています。
その中の一つは病院に併設した保育所です。
仕事中は子供を預けることになりますが、不規則な勤務の多い看護師はなかなか子供を預かってくれる保育所が見つからないのが現状です。
保育所が見つからないために仕事が出来ないという人たちのために、病院内や病院のすぐ近くに看護師専用の託児所を設けている病院があります。
また、勤務体制の充実も図らなくてはなりません。
常勤はフルタイム勤務が原則です。
そのため、育児などに時間をとられる人たちは常勤で働くことは非常に難しくなります。
ですから夜勤帯だけや日勤帯だけといった短時間勤務のパートタイマー制度が充実してきました。
これにより、看護師は、育児をしながら育児の空いた時間に仕事をするということが出来るようになりました。
これからますます、医療や看護が注目される時代。
いろんな機能を充実させて看護師不足の実態を打破する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です