子育てを中心に考える
看護師と託児所

看護という職種の代表的な職業として看護師が挙げられます。看護師は昔から白衣の天使と言われるように、圧倒的に女性が多い職業です。その為女性ならではの出産・子育てといった仕事を続けていく上で、どうしても乗り越えなければならない壁が出てきます。
そこで仕事と子育ての両立を実現する為に一役買ってでていることが託児所です。いわゆる院内保育と呼ばれている事柄で、子を持つ看護師の採用にあたって子どもを病院内にある託児所に預けて看護師の仕事につくということです。
どこか自分の近所の保育園に預ける必要もなく、この院内保育ですと24時間保育にも対応しているため安心して看護の仕事ができるということです。
実際に子育ての為に職を離れる看護師の数が年々増加しており、そういった潜在的な看護師のパワーをもう一度復活させる効果的な手助けとして、今では一つの事業としても成り立っております。福祉関係の業者は民間保育や公共施設の保育所以外に、このような院内保育として託児所を新設して病院に対してサービスを提供し、かつ付加価値を付けながらこのような施設を充実させていっております。
その為業者としても託児所にはしっかりとした保育師を配置し、保育を安全にとり行っております。
今後もこのような託児所は増加の一途を辿っていくに違いありません。裏を返せば、こういう託児所の設備のない病院にとっては看護師不足は解消されない状態が続くと言っても過言ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です